設置の目的及び必要性

環境負荷や財政負担の低い持続可能なコンパクトな都市づくりに研究面から貢献することを目的とする。
時代のニーズが高い反面、その方法論や効果がまだ十分に明らかにされていないため、その必要性は極めて高い。



研究・教育に期待される効果

  • 最新の社会動向を把握することにより、最新の情報を研究・教育に活用できる。
     
  • 分野や立場の異なる研究者間相互の情報交換により、学際的な研究の広がりが期待できる。

  • 院生などが実際にプロジェクトに関わる事で、直接的な教育・研修効果が期待できる。